窓の侵入対策をするなら鍵交換で防犯性をアップするのが一番

空き巣に狙われにくい家にするなら補助錠の活用がおすすめ 空き巣に狙われにくい家にするなら補助錠の活用がおすすめ

窓の鍵交換を依頼しよう!~安全と安心を手に入れる~

ミニチュアの家と鍵

一軒家、マンション問わず空き巣被害が横行していて、毎年たくさんの人が悲しい被害にあっています。家族の安全と安心を手に入れるために検討できる鍵の種類、鍵交換でよく聞かれる質問について一通り見てみましょう。

空き巣は窓からの侵入が多い!

テレビや新聞でよく見かける空き巣被害は、侵入手口として窓ガラス破りが目立ちます。知らない人が自宅に入ってきたと考えるだけで恐怖を感じて、トラウマに悩まされる女性もいます。同じ手口犯行を繰り返す可能性が高いため、近所で空き巣被害があった場合は特に窓の防犯対策を急ぎましょう。2階や高いところの窓でも問題なく侵入する空き巣は多く、住まい全体のリスク管理が重要です。鍵交換など具体的対策を検討して、明日の我が身を守ります。

窓の鍵交換で防犯性アップ!

防犯ダイヤル錠付きクレセント
窓の防犯性を考えるなら、ダイヤル式を検討できます。3桁の数字を合わせて鍵開けするタイプなので、簡単には解錠できません。鍵を紛失するリスクもないため、無くし物をしてしまうことが多い方でも安心して交換できます。
防犯鍵付きクレセント
鍵を使って防犯性を高めるタイプもあって、ナンバーが推測される心配はありません。空き巣は窓を破って解錠する手口なので、鍵付きクレセントを使うと安心です。ダイヤル式と比較して、ややリーズナブルなお値段で交換できるところも魅力でしょう。

窓の鍵交換でよくある質問


クレセント錠って何ですか?
窓ガラスに取り付ける閉め金具のことで、回転させる部分が半月(クレセント)状になっているのが特徴です。室内の気密性を高めて防音制をカバーすることが主な目的だったため、空き巣対策としては不安な部分が多いでしょう。そこで、ダイヤルや鍵を使って補強したアイテムが増えています。空き巣対策を考えるなら、機能面に注目して鍵交換を検討しましょう。
鍵交換を自分で行なうことは可能ですか?
必要なものを買ってきて、自分で行なうこともできるでしょう。ただ、手間がかかるうえにリスクが高く、思うような空き巣対策効果を得られるとは限りません。窓ガラスを傷つけてしまうと思わぬ出費の原因にもなり、かえって高くつくリスクがあります。なるべく安く確実に鍵交換したいなら、鍵交換業者におまかせすると安心でしょう。

鍵交換のプロに任せれば安心!

鍵交換業者はあらゆるタイプの窓についてノウハウがあるため、確実な空き巣対策効果を期待できます。24時間365日対応の業者も増えているので思い立ったときにすぐに相談可能で、その場でスケジュールを決めるためほとんど手間がかかりません。空き巣に狙われやすい窓を優先的に鍵交換してもらうなど、環境に合わせた相談ができるところもメリットです。予算に応じた鍵交換もできるので、いくらくらいかかるのか、まずは相談してみましょう。  

TOPボタン